C型肝炎とはいったい何なのか

一時的にでもC型肝炎という言葉を聞いたことがあるという方がほとんどだと思います。

私も最初は聞いたときは、よく理解なんて出来ませんでした。

病気であるということは言葉からしてよく分かりますが、いったいどんな病気なのかがよく分かっていませんでした。

なのでこの機会で、きちんと私自身理解をしようと思います。

C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス(HCV)というウイルスの感染によって起こる病気です。

インフルエンザのウイルス同様、どこからそんなウイルスが出てくるんだと思いますが、実際に存在しているウイルスの1つです。

そのウイルスの感染してしまうと、肝臓に保有してしまうのがほとんどで、まれに起こしてしまう急性肝炎から始まり、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんと約25年から30年の時間をかけて進行していきます。

しかし現代では、医学もかなり進んでいますのでウイルスを体から追い出す薬も出てきました。

患者さんの体への負担は軽いようですが、いろいろな副作用が人によって出てくるようです。

C型肝炎ウイルスにはいったいどうやって感染するんでしょうか?

一番最初に言われるのが、感染している人からの輸血や血液製剤を投与されることと言われています。

汚染された注射器の使い回しと言うことも言われています。

今から30年位前は特にこういうことがあったようです。

しかし、製剤のことも注射器のこともきちんと管理されるようになっていますので、現在にはこういったことは起こらないでしょう。

身内や知り合いの方でC型肝炎にかかっている方がおられて、詳しく知りたいと言う方はこちらのサイトをご覧ください。

詳しく分かりやすく説明されています。

C型肝炎の初期症状を調べる

今まで確認されている感染経路の中で、母子感染や性行為は感染率が低いとされています。

きちんとした確認が取れていないということなんでしょうね。

その中でも自分の体のどこかに入れ墨を入れているとかきちんと消毒していない器具を使用してピアスを開けてしまったということは、現在でもC型肝炎ウイルスの感染経路として考えられています。